防災Q&A

防災に関するさまざまな質問と回答集です。
いざという時のために、日頃から防災に備えましょう。

炊き出し用米穀などの対策はどのうようになっているのか。

(1) 訓練や災害時の炊き出し用米穀等の支援に関することは、お住まいの市町村に問い合わせください。
(2) 災害時の政府備蓄米・乾パン等については、県は市町村の要請に基づき、関東農政局(甲府地域センター)と連絡・調整のうえ、売却を依頼します。

ページトップへ

災害時に日常生活用具を紛失し、不自由をしているが、どのようにすればよいか。

 日常生活用具として給付を受けた物品を、災害等により紛失又は修理不能な状態となった場合には、再度給付が受けられます。
 なお、所得に応じて一部負担があります。
 詳しくは、住所地の市町村役場障害福祉担当課に相談してください。

ページトップへ

「高齢者、障害者、児童」の在宅及び施設入所者についてどのような救援がありますか?

 災害時に高齢者、障害者、児童等の要援護者に対し、救援活動を組織的、継続的に行うため、県社会福祉協議会、日本赤十字社山梨県支部、県障害者福祉協会、県共同募金会、県ボランティア協会からなる山梨県民間社会福祉救援合同本部と市町村社会福祉協議会に福祉救援対策本部が設置されます。
 各救援本部で要援護者の発見、ニーズの調査、相談・対策、サービスの提供等を行います。
 まずは、お近くの社会福祉協議会(福祉救援対策本部)に連絡してください。

ページトップへ

pagetop