防災Q&A

防災に関するさまざまな質問と回答集です。
いざという時のために、日頃から防災に備えましょう。

災害時、電話がつながりにくくなるのは何故ですか。

 地震や噴火などの災害が発生した場合、全国から「安否の問合わせ」や「お見舞いの電話」が被災地域に殺到したり、被災地域内でも電話を一斉に使用するため、全国から被災地への電話や被災地から発信する電話が共につながりにくくなります。
 これは、通信設備(回線や交換機)の許容量を超える電話が殺到することにより、電話の渋滞現象“ふくそう”が発生するからです。このような状態が発生すると、交換機は自動的に通話規制を行い、公共機関(学校・公民館等)の電話や公衆電話等を優先的につなげるようにします。
 被災した場合、安否確認等の連絡は「災害用伝言ダイヤル“171”」など各通信事業者の提供する災害用伝言板サービスをご利用ください。

・各通信事業者の安否確認サービスのページ
http://bosai.pref.yamanashi.jp/links/index.php#links13

・災害用伝言ダイヤル“171”
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/index.html

・通信事業者安否確認情報

ページトップへ

災害時に電話を使って、連絡や安否確認をしたいのですが、電話できますか?

 地震、噴火などの災害の発生により、被災地への通信が増加し、つながりにくい状況になった場合には、「災害用伝言ダイヤル“171”」の提供が開始され、ご利用いただけます。
 この「災害用伝言ダイヤル“171”」は、被災地への安否確認や被災地からの連絡を「伝言」として録音し、被災地または他の地域で再生できるサービスです。
 ご利用方法は簡単で、「171」をダイヤルし、利用ガイダンスに従って、伝言の録音・再生を行ってください。
 「操作は簡単、『忘れてイナイ(171)』」などと覚えてください。

■ご利用できる電話
 災害用伝言ダイヤルの伝言登録、再生の利用可能な電話は、一般電話(プッシュ回線、ダイヤル回線とも)携帯電話、公衆電話、INSネット64・1500、メンバーズネット並びに、災害時、NTTが避難場所などに設置する特設公衆電話からご利用いただけます。

・各通信事業者の安否確認サービスのページ
http://bosai.pref.yamanashi.jp/anpi/index.php

■提供の開始
 提供の開始、登録できる電話番号など運用方法・提供条件については、状況に応じてNTTが設定し、テレビ・ラジオ・インターネット等を通じて皆様にお知らせいたします。

ページトップへ

災害が発生して電話が使えなくなった場合、利用できる電話はありますか?

(1) 特設公衆電話(無料)がご利用いただけます。
 NTTでは、災害が発生した場合、被災者の方々への緊急措置として通話を確保するため、各市町村の指定避難場所等に無料の公衆電話を設置いたします。災害救助法が発動された地域または、これに準じた地域が設置対象になります。

(2) 街頭公衆電話の無料開放をいたします。
 災害で停電が発生すると、テレホンカードが使用できなくなったり、コイン収納箱がいっぱいでコインが使えなくなったりする恐れがあります。大災害により広域停電が長期になる場合は、緊急措置として街頭公衆電話を無料で開放します。

ページトップへ

pagetop