防災Q&A

防災に関するさまざまな質問と回答集です。
いざという時のために、日頃から防災に備えましょう。

LPガスについては、日頃どんなことに気をつけておいたらよいですか。

(1) 容器(ボンベ)は、水平な台の上に設置され、クサリ等で固定されているか確認してください。
(2) 配管に連結されていない不要容器がないか確認してください。

ページトップへ

地震が起きたらLPガス設備はどうしたらよいですか。

(1) グラッときたら先ず火気を消し、ガスの器具栓や元栓を閉め、ガス漏れやホースが抜けていないか、必ず確認しましょう。
(2) 震度5以上でガスを遮断するS型マイコンメーターがついている場合は、ガスメーターから燃焼器具までの間は、ガスは止まりますから、できるだけ速やかに容器バルブを右回りに回して閉めてください。
(3) 倒れた容器は起こしてください。

ページトップへ

LPガスがでないときは、どうしたらよいですか。

(1) ガス臭い時は、火気を使用せず換気扇や電灯等のスイッチには手を触れないでください。
(2) 窓や戸を開けて全てのガス栓や容器バルブを閉めてガス販売店に連絡してください。
(3) ガス臭くないときは、下記マイコンメーターの復帰方法により復帰操作をお願いします。
(4) 復帰操作をしてもガスが出ない場合は、ガス販売店に連絡してください。

ページトップへ

ガス(都市ガス)が出ないときには、どのようにすればよいですか?

(1) マイコンメーターの復帰操作をお願いします。
(2) 復帰操作をしてもガスが出ない場合は、東京ガス(株)甲府支社、吉田ガス(株)にご連絡ください。

ページトップへ

東海地震に係わる警戒宣言が発せられた場合どうしたらよいですか。

(1) ガス供給事業者では、非常態勢をとりながら引き続きガスを供給しています。
(2) 使用中のガス器具からは離れないようにしてください。
(3) ガスを使ったあとは必ずガス栓(注)を閉めてください。
(4) 使っていないガス栓は閉まっていることを確認してください。
(5) 避難するとき又は地震が起きたときは、必ずガス栓やガスメーター栓を閉めてください。
(注)ガス栓とは、通常配管(内管)の末端に取り付けられている開閉弁です。

ページトップへ

pagetop