防災Q&A

防災に関するさまざまな質問と回答集です。
いざという時のために、日頃から防災に備えましょう。

県立高等学校の学生ですが、災害を受けた場合の授業料の減免について教えてください。

 天災その他の不慮の災害を受けたため、修学困難と認められる生徒に対しては、期間を定めて授業料を減免することができます。
 災害を受けた場合は、各県立高等学校の事務室に相談してください。

ページトップへ

私立高等学校の授業料軽減について教えてください。

 山梨県内の私立高等学校に在学する生徒のうち、保護者が県内に住所を有し、経済的理由により生徒の修学が困難であるときに、保護者の負担を軽減するため授業料の減免を行った学校に対して補助する制度があります。
 次のとおり災害等特別な事由により生活に困窮しているときは、授業料の減免を受けられることがあります。

【災害等特別な事由】
 火災、風水害、地震等により、財産の消失等の被害を受け、著しく収入減又は支出増になると認められる場合

【提出書類】
(1) 消防署等の発行するり災証明書
(2) 著しい収入減又は支出増を証する書類等
なお、授業料減免の申出先は、各在学校です。

ページトップへ

現在、県立大学の学生ですが、災害を受けた場合の授業料の減免等について教えてください。

 授業料については、死亡、休学、その他の特別の事情がある場合は、減額又は免除することができます。
 災害を受けた場合は、できるだけ早く、大学の事務局へ相談してください。

ページトップへ

山梨県看護職員修学資金の貸与を受け、現在返還をしていますが、災害を受けた場合の減免等について教えてください。

 災害、疾病その他やむを得ない理由がある場合は、返還期日が到来していない部分に係る修学資金の返還を猶予することができることになっています。

ページトップへ

災害で教科書や学用品などが使えなくなってしまいましたが、給与されますか。

 住む家が全壊、全焼、半壊、半焼又は床上浸水により、学用品を焼失または毀損(きそん)して就学に支障をきたしている小・中学校(盲・聾・養護学校の小学部及び中学部を含む)の児童生徒には、学用品が給与されます。
 給与される品目は、教科書・教材、文房具、通学用品です。教科書は無償で給与されます。また、教材(教育委員会に届出したものか又は承認を受けて使用しているもの)は実費で、文房具、通学用品は被害の実状に応じ、一定の範囲内で給与されます。

ページトップへ

学校向けの防災教育指導資料はありますか。

教育委員会が作成した山梨県学校防災指針(防災教育指導編)を参考にして下さい。

「1章 防災教育の在り方」
http://www.ypec.ed.jp/webkyou/bousai/H26/H26-6arikata.pdf#search='%E9%98%B2%E7%81%BD%E6%95%99%E8%82%B2+%E6%8C%87%E5%B0%8E%E7%B7%A8+%EF%BC%91%E7%AB%A0'

「2章 防災教育指導案例・実践例」
http://www.ypec.ed.jp/webkyou/bousai/H24_bousaikyouiku2.pdf#search='%E9%98%B2%E7%81%BD%E6%95%99%E8%82%B2+%E6%8C%87%E5%B0%8E%E7%B7%A8+%EF%BC%91%E7%AB%A0'

ページトップへ

pagetop