防災関連情報 > 山梨県の防災体制

防災アクションプラン

 

山梨県では大規模な災害が起きた場合に実際に行動できる体制づくりを目指して、平成15年3月に「やまなし防災アクションプラン」を策定し、これまでに着実な成果を挙げてきました。

しかし、東日本大震災を契機に、東日本大震災をはじめ、これまでの大規模災害を教訓とし、防災体制の一層の充実・強化を図っていく必要から、「やまなし防災アクションプラン」を全面的に改定し、平成24年3年に250のアクション(防災施策)を体系別に取りまとめた「第二次やまなし防災アクションプラン」(計画期間:平成24年~28年)として策定しました。 今後はこのプランに示すアクションに計画的に取り組んでいきます。

また、各地域県民センターごとには、市町村、関係機関・団体等の具体的な行動計画として「地域防災アクションプラン」を策定し、地域における自助・共助・公助による「地域防災力の充実・強化」に取り組んでいます。

関連ファイルダウンロード

 

 関連資料

   峡南地域自主防災活動マニュアル

pagetop