防災関連情報 > 山梨県の防災体制

山梨県の防災体制

 山梨県は、周囲を3,000m級の峰々に囲まれた急峻な地域が多く、地震、暴風、豪雨、地滑り、そして活火山である富士山の噴火など、多くの災害に注意をはらう必要がある地域です。
また、近年の社会・産業構造の多様化に伴い、大規模災害の発生についてもその危険性が指摘されています。
 県では、防災危機管理課を中心に各地域県民センター、警察・自衛隊・消防などの防災関係機関と協力して、防災対策を進めています。

関連リンク 

山梨県 消防保安課各担当のページ

pagetop