防災関連情報 > 山梨県の防災体制

山梨県業務継続計画(BCP)

 山梨県では、地震、暴風、豪雨、地滑り、富士山噴火など、多くの災害に注意をはらう必要があります。その中でも、東海地震は高い確率で発生が危惧されております。

 大規模地震が発生した場合は、行政自身も被災する可能性が高く、業務が長時間中断した場合には、県民生活や経済活動等に大きな影響を与える可能性があります。

 そこで、県民等の生命・身体及び財産を保護し、社会経済活動に与える影響を最小限にするため、東海地震を想定した「山梨県業務継続計画(BCP)」を策定しました。

 詳細は、山梨県庁ホームページに掲載の こちら(山梨県業務継続計画) を御覧ください。

pagetop