防災関連情報 > 自主防災活動のてびき

災害時要援護者

災害時要援護者(高齢者、障害者、外国人、乳幼児、妊婦等)への対策

 近年、全国をおそっている集中豪雨災害等では、住民への情報の伝達に時間を要し、被災した例がありました。また、阪神・淡路大震災、新潟県中越地震の地震災害においても、急激な環境変化、特に劣悪な避難所生活による病状の悪化やストレス等による死者(いわゆる震災関連死)も多数に上りました。
 これらの方々を災害発生時にどのようにして救護するかについて、具体的な対策を講じる必要があります。

関連ファイルダウンロード

 

     

pagetop