防災関連情報 > 地震対策を進めよう

防災指導車(地震体験車)

 今まで使用していた車両は、導入してから13年が経過したため、平成27年度より、県民への防災の関心や防災意識の普及啓発の推進に寄与する更なる足がかりとして、最新型の車両に更新をしました。
 8トン車をベースに作成されており、前後、左右、上下の3方向への振動を発生させ、東日本大震災や関東大震災、阪神淡路大震災など過去の主要な大地震(8種類)の揺れが再現できるほか、東海地震や東南海地震など想定地震も体験することができます。揺れ方が異なる様々な地震が体験できるため、乗車をされたほとんどの方が想像以上に揺れることに驚きや恐怖を感じ、地震対策を考える方が増えています。地震体験を希望される方は年々増えており、各消防本部を通じて、県内各所に車両を持ち出し、年間約250日間も活用されています。
 県立防災安全センターでは、「防災指導車(地震体験+防災講座)」を活用して、防災出前講座を行っています。利用希望などお問い合わせについては、県立防災安全センター(電話:055-273-1048)までお問い合わせ下さい。

              起震車起震車その2


体験の様子の動画がこちらからご覧いただけます。

関連リンク


pagetop