防災関連情報 > 山梨県の防災体制

その他の訓練

地域防災力実践活動モデル事業

 県、市町村の行政をはじめ、自主防災組織、消防団などの地域住民、福祉団体、防災関係機関等が協働で図上訓練(イメージトレーニング方式)を実施しました。

  • 平成18年度(富士山火山対策)
    地域防災の第一義的な責務を有する市町村を中心に、自主防災組織、消防団、福祉団体、防災関係機関等が、火山情報の発表や万一噴火が発生した場合の各組織間の役割と連携について具体的に検討するとともに、県及び市町村の地域防災計画や各種マニュアル等の実効性や問題点等を検証するため、イメージトレーニング方式の図上訓練を実施しました。

  • 平成17年度(東海地震対策)
    阪神・淡路大震災では、住民が協力して多くの人々を救出するなど、住民が自ら行動し、助け合う「地域防災力」の重要性が指摘されています。本県は東海地震が「いつ起きてもおかしくない」と言われており、県、市町村を中心に、自主防災組織、消防団、避難所管理者及び福祉団体などが、東海地震が発生した場合の各組織間の役割と連携について具体的に検討するため、県、甲府市及び南部町から職員、住民等の参加を得て、ロールプレイング方式の図上訓練を実施しました。
pagetop