防災関連情報 > 富士山の火山情報

環富士山火山防災連絡会

 平成17年4月、富士山を共有する山梨県7市町村(富士吉田市・富士河口湖町・西桂町・山中湖村・忍野村・鳴沢村・身延町)、静岡県8市町(沼津市、三島市、富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、長泉町、小山町)の計15市町村長が集まり、富士山の噴火に備えた防災対策で連携をとる目的で設立されました。
 富士山が噴火した場合の連携に備え、関係機関がより有効な連携がとれるように、当会オブザーバーとして国土交通省富士砂防事務所、防衛省陸上自衛隊、山梨県、静岡県、山梨県警察、静岡県警察、甲府地方気象台、静岡地方気象台、富士五湖消防本部が共に活動をしています。
 関係機関を含めた意見交換会や講演会等を開催し、富士山の火山防災に係る普及啓発・研究活動を続けています。
pagetop