防災関連情報 > 富士山の火山情報

富士山火山防災協議会

 平成13年7月に富士北麓地域として富士山における火山防災を考えていく組織として設立され、地元7市町村(富士吉田市・富士河口湖町・西桂町・山中湖村・忍野村・鳴沢村・身延町)により構成されています。関係機関を含めた意見交換会や講演会等を開催し、富士山の火山防災に係る普及啓発・研究活動を続けています。
 構成する7市町村の地域ごとに編集した「富士山火山防災避難マップ(ハザードマップ)」が作成されており、噴火した場合の被害が想定される地域、避難行動などについて分かりやすく解説されています。また、英語版も追加され、海外からのお客様に対して対応できるようになりました。
この他にも、「富士火山を知る(富士北麓住民ガイドブック)」にて、噴火に備えた啓発活動を続けています。

ハザードマップ

関連リンク



pagetop