防災関連情報 > 自主防災活動のてびき

重要な自主防災組織の活動

 自主防災組織とは、地域の人たちが自発的に防災活動を行う組織です。
大地震などの災害が発生すると、電話などの通信手段が途絶え、道路も壊れて通れなくなり、ライフラインも止まってしまい、消防本部などの防災関係機関による救助活動が円滑に行われない場合が増えるため、自主防災組織による救助・救出が大切になります。

 平成7年1月に発生した阪神淡路大震災などの大地震の現場では、救助された方の8割以上が自主防災組織や近所の方による自助・共助によるものでした。
 また自主防災組織は、避難所の管理・運営を行うなど、その後の復興にも大きな力を発揮します。

平常時の活動・・・・

防災知識の普及啓発、防災訓練の実施、地域の防災施設・避難場所の確認

災害時の活動・・・・

救出・救助活動、消火活動、情報の伝達、避難の誘導、避難所の運営

 

◎パンフレット

  「自主防災組織を活性化させるために」

   

pagetop