防災関連情報 > 火災を予防しよう!

ご存じですか?「住宅用火災警報器」

住宅火災による死者の6割が「逃げ遅れ」によるものです。
尊い命と家などの家財を守るために「住宅用火災警報器」の設置をしましょう。

住宅用火災警報器とは、室内の煙や熱に反応し、警告音を発し注意を促す器具です。



法律の改正で、一般住宅にも火災警報器などの設置が義務づけられました。

新築の住宅

平成18年6月1日から義務づけられました。

現在、居住している住宅

平成23年6月1日から義務づけられました。



どのような場所に設置するの?

 日常生活による誤作動を避け、十分な効果を得る意味で、主な設置場所は「寝室」「階段」「廊下」を対象としています(設置する警報器は煙を感知するタイプです)。
 なお、警報器の取り付け場所はエアコン、家の梁、窓などの位置から約1mの間隔をあけて設置して下さい。

詳細については、最寄りの消防署にお問い合わせ下さい。

詳しい説明はこちらをご覧ください。

pagetop