防災関連情報 > 身近な消防組織

緊急消防援助隊

 阪神・淡路大震災での教訓(人命救助活動等を行う応援部隊の早期出動の必要性等)を踏まえ、全国的な消防応援の制度として平成7年度に創設されました(平成16年4月から法制度上明確に発足)。
平成16年の新潟中越地震や平成19年の能登半島地震・新潟県中越沖地震など被災地だけでは対応が困難な大規模災害などへの対応を各地で行っています。
 県内の全ての消防本部が、緊急消防援助隊による緊急出動が対応できる状態に整備され、広く活動できるよう、他県と連携した訓練も開催しています。

平成15年度 関東ブロック都県合同訓練の様子


(会場:甲府市小瀬スポーツ公園)

pagetop