防災関連情報 > 地震対策を進めよう

地震対策について

 本県は、東海地震などの大地震による大きな被害を受ける可能性が高い地域です。
日頃からの備えが非常に大切になりますので、事前に情報収集をして防災対策を進めましょう。

地震の種類


海溝型地震(東海地震など)

 我が国の周辺で発生する海溝型巨大地震はM8級であり、津波を伴って広範な地域に大きな被害を与える場合が多くあります。中でも、いつ起きてもおかしくないとされている東海地震は、震源の一部が本県の南西部にかかることも予想されており、本県にも大きな被害を及ぼす可能性がある大規模な地震です。

内陸型地震

 内陸で発生する活断層型の地震は通常M7級であり、海溝型巨大地震に較べれば,そのエネルギーは1桁小さいものです。しかしながら、内陸型地震は我々の住むすぐ足元で発生するため,たとえ局地的であっても激しい揺れを伴い、人命の損傷や構造物の破壊等、甚大な被害を引き起こす場合があります。

県内で想定される活断層地震

  • 南関東直下プレート境界地震 ※ 現在では、首都直下の地震に含まれています。
    本県東部方面と神奈川県西部を震源とする地震です。
  • 糸魚川-静岡構造線地震
    新潟県から静岡県に渡る大規模な活断層で本県西部に位置した断層による地震。
  • 釜無川断層地震
    本県と長野県を結ぶ交通の要衝に位置した断層による地震。
  • 藤の木愛川断層地震
    本県と東京都を結ぶ交通の要衝に位置した断層による地震。
  • 曽根丘陵断層地震
    甲府市(旧中道町)近辺に位置した活断層による地震。

活断層図

pagetop